■ t-検定 計算例
t-検定 : 分散が等しくないと仮定した2標本による検定
変数 1 変数 2
平均 34.625 265.3333333
分散 739.375 30429.88406
観測数 24 24
仮説平均との差異 0
自由度 24
t -6.401852496
P(T<=t) 片側 6.39644E-07
t 境界値 片側 2.492159469
P(T<=t) 両側 1.27929E-06
t 境界値 両側 2.796939498