李賢の生きた時代と倭国 略年表

年次 華暦 和暦 摘要 記載事項
581 開皇元年 隋が北周より禅代
583 開皇三年 隋が長安大興城に遷都
589 開皇九年 隋が陳を平定して中国統一
600 開皇二十年 推古8年 倭王多利思比孤が遣使し闕に詣る
604 仁寿四年 太子楊広(煬帝)、父文帝を殺して即位
607 大業三年 推古15年 小野妹子遣隋
608 大業四年 推古16年 妹子帰朝、裴世清訪倭、裴世清帰国、妹子再訪。 【學生倭漢直福因・奈羅譯語惠明・高向漢人玄理・新漢人大圀・學問僧新漢人日文・南淵漢人請安・志賀漢人慧隱・新漢人廣濟等幷八人也】(「推古紀」)
609 大業五年 推古17年 妹子大唐より帰朝
614 大業十年 推古22年 犬上君御田耜、矢田部造を大唐に遣わす
615 大業十一年 推古23年 犬上君御田耜、矢田部造が大唐より帰朝
618 武徳元年 煬帝が殺され隋滅亡。李淵(高祖)即位し唐成立
626 推古31年 大唐の学問者僧恵済、恵光、また医恵日、福因等並びに智洗爾等に従いて来れり
630 貞観四年 舒明2年 大仁犬上三田耜と大仁薬師恵日を大唐に遣わす
631 貞観五年 舒明3年 倭国遣使し方物を献ず
632 貞観六年 舒明4年 大仁犬上三田耜帰朝、高表仁訪倭
633 貞観七年 舒明5年 高表仁帰国
636 貞観十年 『隋書』成立 【都於邪靡堆則魏志所謂邪馬臺者也】(『隋書』)
636 貞観十年 『梁書』成立 【至祁馬臺国】(『梁書』)
639 貞観十三年 舒明11年 大唐の学問僧恵隠、恵雲、新羅の送使に従って入京
640 貞観十四年 舒明12年 大唐の学問僧清安、学生高向漢人玄理、新羅を経て帰朝
646 貞観二十年 『晋書』成立
648 貞観二十二年 大化4年 新羅に附し表を奉じて、以て起居を通ず
654 永徽五年 李賢生誕
659 顕慶四年 『北史』成立 【至邪馬臺国】【居於邪摩堆則魏志所謂邪馬臺者也】
659 顕慶四年 『南史』成立
660 顕慶五年 『翰苑』成立 【鎮馬臺以建都】(本文)
【其大倭王治邦臺】(所引『後漢書』)
【南至邪馬嘉国】(所引『廣志』)
676 儀鳳元年 李賢等『後漢書』の注釈を完成 【其大倭王居邪馬臺国〔李賢注〕案今名邪摩惟音之訛也】(南宋紹興本影印百衲本)。他の版本は概ね「邪摩推
684 文明元年 李賢薨去
801 貞元十七年 『通典』成立 【其王理邪馬臺国 或云邪摩堆

注1)『隋書』俀国伝の「俀」と、同多利思北孤の「北」は、それぞれ「倭」「比」の誤であることは明白にして是正。
注2)現行百衲本『後漢書』李賢注の「邪摩惟」は、隋及び唐初期における倭都の名「邪摩堆」「邪靡堆」の誤であることは明白。