■仁徳陵古墳における主要工事の数量と延べ人数(川上敏朗「古墳築造に動員された人の数と実体」(『季刊考古学』3号/雄山閣/1983年5月/71-72頁)より
必要数量 施工方法及び条件 延べ人数
墳丘盛土 掘削 1,820,000m^3 10m^3掘削するのに1日2人かかるとして 364,000人
運搬 1,820,000m^3 近距離運搬(500m)とし、2人で1日1m^3運ぶのに0.5月かかるとして 1,820,000人
版築 1,400,000m^3 10m^3版築するのに1日4人かかるとして(敷きならしとも) 560,000人
表面処理 1,400,000m^2 1日1人が10m^2として 104,000人
葺石 選別 26,000m^3 1m^3選別するのに1日1人かかるとして 26,000人
運搬 26,000m^3 1m^3を5km運ぶのに1日20人かかるとして 520,000人
葺石積み 104,000m^2 1m^2石積み。粘土充填を行ない1日0.5人として 52,000人
埴輪 粘土採取 20,000個 1個設置するのに20人かかるとして 400,000人
製作
運搬・設置
敷地伐開 含外濠 352,000m^2 10m^2を1日2人かかるとして 70,000人
敷地整地 含外濠 352,000m^2 10m^2を1日2人かかるとして 70,000人
3,986,000人

注)上掲は主要工事のみ。石室工事、仮設工事および雑工事を入れると、約3割増しとなって、
400万人×1.3=520万人。単純計算で、13−26年掛かる。