■私が「大先生」に“数”で抜かれた日