■『「邪馬台国」はなかった』初版本の260頁

(ハ)不弥国が投馬国にいたる傍線行程の分岐点とされている点から見て、不弥国は海岸部(博多湾沿岸)にあった港湾都市と考えられる(前述)。