晉書陳壽傳

「漢籍電子文献」による原文
陳壽字承祚,巴西安漢人也。少好學,師事同郡?周,仕蜀為觀閣令史。宦人黄皓專弄威權,大臣皆曲意附之,壽獨不為之屈,由是?被譴黜。遭父喪,有疾,使婢丸藥,客往見之,郷黨以為(百衲本=爲、以下同)貶議。及蜀平,坐是沈滯者累年。司空張華愛其才,以壽雖不遠嫌,原情不至貶廢,舉為孝廉,除佐著作郎,出補陽平令。撰蜀相諸葛亮集,奏之。除著作郎,領本郡中正。撰魏呉蜀三國志,凡六十五篇。時人稱其善敘事,有良史之才。夏侯湛時著魏書,見壽所作,便壞己(百衲本=巳。己の誤)書而罷。張華深善之,謂壽曰:「當以晉書相付耳。」其為時所重如此。或云丁儀、丁?有盛名於魏,壽謂其子曰:「可覓千斛米見與,當為尊公作佳傳。」丁不與之,竟不為立傳。壽父為馬謖參軍,謖為諸葛亮所誅,壽父亦坐被?,諸葛瞻又輕壽。壽為亮立傳,謂亮將略非長,無應敵之才,言瞻惟工書,名過其實。議者以此少之。張華將舉壽為中書郎,荀?忌華而疾壽,遂諷吏部遷壽為長廣太守。辭母老不就。杜預將之鎮,復薦之於帝,宜補?散。由是授御史治書。以母憂去職。母遺言令葬洛陽,壽遵其志。又坐不以母歸葬,竟被貶議(官位を下げる評議)。初,?周嘗謂壽曰:「卿必以才學成名,當被損折,亦非不幸也。宜深慎之。」壽至此,再致廢辱,皆如周言。後數?,起為太子中庶子,未拜。元康七年,病卒,時年六十五。梁州大中正、尚書郎范?等上表曰:「昔漢武帝詔曰:『司馬相如病甚,可遣悉取其書。』使者得其遺書,言封禪事,天子異焉。臣等案(百衲本=按):故治書侍御史陳壽作三國志,辭多勸誡,明乎得失,有益風化,雖文艷不若相如,而質直過之,願垂採?。」於是詔下河南尹、洛陽令,就家寫其書。壽又撰古國志五十篇、益都耆舊傳十篇,餘文章傳於世。

〈拙訳=読み下し〉
陳壽ハ字ヲ承祚、巴西安漢ノ人也。少(若)クシテ學ヲ好ミ、同郡ノ?周ニ師事シ、蜀ニ仕ヘテ觀閣令史ト為ス。宦人ノ黄皓ハ專ラ威權ヲ弄ビ、大臣ハ皆意ヲ曲ゲテ之(黄皓)ニ附スモ、(陳)壽ハ獨リ之ニ屈スルヲ為サ不、是ニ由リテ?(しばし)バ譴黜(ケンチュツ=罪を責めて官位を下げる)被(さ)ル。父ノ喪ニ遭ヒ、疾(病)有リ、婢ヲシテ藥ヲ丸メ使ムルニ、客ノ往キテ之ヲ見、郷黨ハ以テ貶議ヲ為ス。蜀ノ平グニ及ブヤ、是ニ坐シテ沈滯スル者(は)年ヲ累(かさ)ヌ。司空ノ張華ハ其ノ才ヲ愛(惜)シミ、(陳)壽ノ嫌(恨み)遠カラ不ト雖モ、原(もと)ノ情ノ貶廢ニ至ラ不ルヲ以テ、舉ゲテ孝廉(官吏特別任用の一)ト為シ、佐著作郎ニ除シ、出テ陽平ノ令ニ補ス。蜀ノ相諸葛亮集ヲ撰シ、之ヲ奏ス。著作郎ニ除シ、本郡ノ中正(地方で人材の登用を司る官名)ヲ領ス。魏呉蜀三國ノ志、凡(おおよ)ソ六十五篇ヲ撰ス。時ニ人ハ其ノ敘事ノ善ニシテ、良史之才有ルヲ稱ス。夏侯湛ハ時ニ魏書ヲ著スモ、(陳)壽ノ作(な)ス所ヲ見ルヤ、便ハチ己ノ書ヲ壞シ而シテ罷(止)ムト。張華ハ深ク之ヲ善トシテ、(陳)壽ニ謂ヒテ曰ク、「當ニ晉書ヲ以テ相ヒ付ス耳(のみ)」。其ノ時ヲ為シテ重ンゼラル所此クノ如シト。或ヒハ云フ、丁儀・丁?ハ魏ニ於ヒテ盛名有リ、(陳)壽ハ其ノ子ニ謂ヒテ曰ク、「千斛ノ米ヲ覓(求)メ與ヘ見(ら)ル可キヤ、當ニ尊公(他人の父の敬称)ノ為ニ佳傳ヲ作ルベシ」ト。丁ハ之ヲ與ヘ不、竟(つい)ニ立傳ヲ為サ不。(陳)壽ノ父ハ馬謖ノ參軍(軍事を司る官名)ト為シ、(馬)謖ハ諸葛亮ノ誅スル所ト為シ、(陳)壽ノ父モ亦タ坐シテ?(テイ=頭を剃る)被(さ)レ、諸葛瞻モ又(陳)壽ヲ輕ンズ。(陳)壽ハ(諸葛)亮ノ為ニ傳ヲ立テ、謂ヒテ(諸葛)亮ノ將略ハ長(たけ) 非(ざ)ルニシテ、應敵之才無ク、言フニ(諸葛)瞻ハ惟(た)ダ書ヲ工(たく)ミニシ、名ハ其ノ實ニ過グト。議者ハ此ヲ以テ之ヲ少(誹)ル。張華ハ將ニ(陳)壽ヲ舉ゲテ中書郎ト為スモ、荀?ハ(張)華ヲ忌ミ而シテ(陳)壽ヲ疾(嫉)ミ、遂ニ吏部(尚書省の六部の官名の一つで、文官の選抜・昇進・懲戒などを司る)ヲ諷(ほのめかす)シテ壽ヲ遷(うつ)シ長廣太守ト為ス。母ノ老ニ辭シテ就カ不。杜預ハ之ヲ將(助)ケテ鎮メ、復タ之ヲ帝於(に)薦メテ、宜シク?散(天子の側近である黄門侍郎と散騎常侍。二官とも晋以後、尚書を兼ねたのだ併称された)ニ補ス。是ニ由リテ御史治書ヲ授ク。母ノ憂(死)ヲ以テ職ヲ去ル。母ハ遺言シテ洛陽ニ葬令(せし)メ、(陳)壽ハ其ノ志ニ遵(従)フ。又、母ノ歸葬(亡骸を故郷に戻って葬ること)ヲ以テセ不ルニ坐シテ、竟ヒニ貶議被(さ)ル。初メ、?周ハ嘗テ(陳)壽ニ謂ヒテ曰ク、「卿ハ必ズヤ才學ヲ以テ名ヲ成シ、當ニ損折被(せ)ラルベキハ、亦タ不幸ニ非ザル也。宜シク之ヲ深ク慎ムベシ」ト。(陳)壽ハ此ニ至リ、再ビ廢辱(官職を罷免されること)ヲ致スハ、皆(?)周ノ言ノ如シ。數?ノ後、起チテ太子中庶子ト為スモ、未ダ拜セズ。元康七年(AD297)病卒す、時ニ年六十五。梁州ノ大中正・尚書郎ノ范?等ハ上表シテ曰ク、「昔、漢ノ武帝ハ詔シテ曰ク、『司馬相如ノ病甚シク、遣シテ悉ク其ノ書ヲ取ル可シ』ト。使者ハ其ノ遺書ヲ得、封禪ノ事ヲ言フモ、天子ハ異トス焉。臣等案ズルニ、故(もと)ノ治書侍御史・陳壽ハ三國志ヲ作シ、辭ハ勸誡(善をすすめ悪を戒める)多ク、得失ノ明(あきら)カ乎(か)、風化(徳の力で感化されて良くなる)ニ益有リ、文ノ艷(つやや)カナルハ相如ニ若(し)カ不ルト雖モ、而シテ質直ハ之ニ過ギ、願ワクバ採?ノ垂レムコトヲ」。是ニ於ヒテ詔ハ河南ノ尹(長官)ニ下リ、洛陽令ハ、家ニ就(赴)キテ其ノ書ヲ寫ス。(陳)壽ハ又「古國志」五十篇、「益都耆舊傳」十篇ヲ撰シ、餘ノ文章ハ世於(に)傳ハル。

〈現代語意訳〉
陳壽は字を承祚といい、巴西郡安漢県の人である。若くして學を好み、同郡の?周に師事し、蜀に仕えて觀閣令史となった。宦人の黄皓は專ら威權を弄んでおり、大臣は皆、自分の意を曲げて黄皓に付いていたが、陳壽は獨り之に屈しようとしなかったため、しばしば罪を得て官位を下げられた。父の喪中に病気となり、下女に藥を用意させて使ったことを来客に見られ、郷黨の貶議を受けた。蜀が滅ぶと、是に連座して数年を沈滯して過ごした。司空の張華は陳壽の才能を惜しみ、陳壽の嫌疑は遠いことではないと言っても、その原因は貶廢するには至らないということで、孝廉(官吏特別任用の一)に推挙し、佐著作郎に任じられ、すすんで陽平の令の補佐となった。蜀の相である諸葛亮集を撰して、之を奏上した。著作郎に除せられ、本郡の中正(地方で人材の登用を司る官名)を治めた。魏呉蜀三國の志、全六十五篇を撰した。当時の人は陳壽の敘事は善く、良史の才能が有ると称賛した。夏侯湛はその頃魏書を著していたが、陳壽の作を見て、自分の書いたものを破棄し書くのを止めてしまった。張華はこの三國志を深く善しとして、陳壽に言った。「あとは晉書を頼むだけだ」と。当時の評価はこのように重いものであった。また或いはこうも言われた。丁儀・丁?は魏に於いて盛名が有ったが、陳壽がその子に言うには、「千石の米を私が求め、それが與えられるとしたら、當に父上の為に良い傳を立ててやろう」と。丁がこれを與えなかったので、ついに陳壽はその傳を立てなかった。陳壽の父は馬謖の參軍だったが、馬謖が諸葛亮によって誅されたので、陳壽の父もまた連座して頭を剃る刑を受け、諸葛瞻も又陳壽を輕んじた。陳壽は諸葛亮の傳を立てたが、謂うには諸葛亮は將としての軍略に長(た)けておらず、應敵の才も無いし、また言うには諸葛瞻はただ書に巧みなだけだし、名は其の實体に過ぎていると。論者は此を以テ陳壽を誹った。張華は陳壽を中書郎にしようとしたが、荀?は張華を嫌い、それで陳壽を嫉んだので、遂に吏部を諷(ほのめか)して陳壽を長廣太守に転任させた。しかし母の老齢を理由に辭退して就任しなかった。杜預は陳壽を助けて事態を鎮め、復た陳壽を帝に推薦して、?散(黄門侍郎と散騎常侍)の補佐とした。そうして御史治書に任じられたのである。陳壽は母の死により辞職した。母が洛陽に葬られるよう遺言したので、陳壽はその遺志に従った。又、母を歸葬にしなかったことで、ついに官位を下げられた。以前、?周が陳壽に言ったことは、「君は必ずや學を以て名を成すであろうし、それで傷つくこともあるだろうが、それでも不幸ではないだろう。深く慎んだほうがいいだろう」と。陳壽がここに至って、再び官職を罷免されたのは、皆?周の言った通りである。數年後、太子中庶子に取り上げられたが、拜命しなかった。元康七年(AD297)六十五歳にして病気で亡くなった。梁州の大中正・尚書郎の范?等は上表して言った。「昔、漢の武帝は詔して、『司馬相如の病は病状が重く、人を遣って悉く其の書を取るべきである』と言いました。使者は其の遺書を得て、封禪の事を言いましたが、天子はこれを異としました。臣等が思いますに、もとの治書侍御史・陳壽は三國志を作(な)し、その辭は善をすすめ悪を戒めるものが多く、得失は明らかであり、風化に有益で、文の艷(つやや)かなることは司馬相如には及ばないとしても、それでも質直はこれより勝っており、願わくば採?を命じられますように」と。こうして河南の長官に詔勅が下り、洛陽の令は陳壽の家に赴いて其の書を寫したのである。陳壽は又「古國志」五十篇と「益都耆舊傳」十篇を撰したが、これらの文章は世に傳わっている。

陳壽傳書影(百衲本『晉書』列傳第五十二) 尚、原文・拙訳ともにweb上で表示されない文字は書影参照。

※下記サイトは『晉書』陳壽傳及び『華陽國志』陳壽傳について詳細な解説が施してあり、秀逸にして必見。但し、「晋書陳寿伝」と題する現代語意訳はディテールの省かれている部分が若干あり、私のように凡庸な者にとっては僅かながら不満が残る。
http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/zhenshou.html
※下記ブログは校点本『三國志』巻末収載の「華陽國志・陳壽傳」の原文と書き下し文を掲示してあり、解説もあるので、これまた大いに参考になると思う。
http://blogs.yahoo.co.jp/yan1123jp/35509420.html