■千々石(ちぢわ)の浜


※千々石の浜が北西から成長してきたため、上峰川の流路が次第に反時計回りに曲がって行き、ついには南の端まで追いやられたものと見られる。